蜂の巣退治する前に確認しておきたいミツバチ退治のリスク

ミツバチの生態~蜂の性格と習性を知れば毒針の餌食になることはない~ ミツバチの生態~蜂の性格と習性を知れば毒針の餌食になることはない~

ミツバチや蜂の巣退治によって起こる悪影響

ミツバチはいろいろな場所から花の花粉を集めて蜂蜜を作り出す役割があります。蜂の巣を見つけたからと言ってむやみやたらに駆除してしまうと、養蜂農家などのビジネスに重大な被害を与える可能性もあります。ここは、ミツバチや蜂の巣退治をするタイミングを見誤らないように懸念点を把握しておくことが大切です。

駆除業者に聞いた!ミツバチを駆除することで発生するリスク

ミツバチを安易に駆除することで起こる懸念点は何ですか?
ミツバチは益虫としても知られている品種で、はちみつや蜜蝋、ローヤルゼリーなどの生成に欠かすことができない存在です。ミツバチが関わるものは食品だけではなく化粧品など多岐に及ぶため、安易にミツバチを駆除してしまうと、こうした原料の収穫が激減してしまう恐れがあります。
作物の作成にも影響が出ると聞いたのですが本当ですか?
ミツバチは幼虫の餌となる花の花粉を集める習性があり、その時に体についた花粉で植物が受粉をすることで実になり数を増やしていきます。そのため、作物の中でも野菜やフルーツ栽培に利用されて降り、農家には切っても切り離せない存在です万が一、ミツバチが少なくなると、手作業で受粉をする手間が増えて収穫量に影響が出てしまうことは間違いありません。

作業員

このようにミツバチは多くの作物制作や蜂蜜の精製などに大きく関わりがあるので、独断で巣を駆除することは良くありません。駆除をする前に地域の自治体や養蜂家に相談をした上で、ミツバチや蜂の巣退治をすすめるようにしておきましょう。

TOPボタン